ブログの作り方

ブログのタグとカテゴリー、違いって何?

[cc id=921]

ブログを作る時に飛びぬけて分かりにくいもの。
それが、『タグ』と『カテゴリー』

簡単に言うと、『ざっくりカテゴリー』と『もっと細かくタグ』という感じ

上手に使い分けができるようになると、記事が探しやすくなります。
探しやすければ、見ている方にも分かりやすくなって、ブログに長く居てもらえるようになり、seoにもよい効果になりますよ!

今回は、タグとカテゴリーのお話。

[cc id=923]

[cc id=820]

タグとカテゴリーの違い

そもそもブログというものは、毎日の記事で成り立っています。
はじめてそんなに日が経ってないなら中から特定の記事を探すのは楽ですけど、
一年もたったらどうしましょう。

ドーン!!

この中から、ごはんレシピの記事を探してください!

記事をひとつずつ読んで探しますか?

[char no="10" char="もこしょっく"]ぜったい、い・や!![/char]

イヤですよね(笑)

そんな時のために、記事を探しやすくするのがタグとカテゴリー。

カテゴリーってなに?

カテゴリーとは、ファイルフォルダーのようなものです。
たくさんある記事も、フォルダーにしまっておけばわかりやすいですね。

こんな感じ。

この分類のためにつけるのがカテゴリーです。
どのサイトでも、だいたいわかりやすいところに書いてあります。
私のサイトにも右側に。ほら。

サイドバーから検索できて、らくちんです。

タグってなに?

ハッシュタグはSNSでよく見かけますね。
でもそれとは違います。

さっきのファイルにふせんを付けてみました!

このふせんがタグです。
ピンクふせんを仮に【タピオカの話】と、しましょう。

タピオカの話が見たいな~と思ったらピンクのふせんを引っ張り出してくればいいのです。
あちこちのファイルに入ってるけど、タグが付いてれば簡単に出せます。
私のサイトでは下の方に表示しています。

タグとカテゴリーの使い分け

『ざっくりカテゴリー』と最初に書きましたが
カテゴリーはざっくりと、大きな枠で設定します。
大きな枠を設定してても、なんだか足りない時にはさらに大きい枠、または小さい枠で設定します。

『今日は給食にグラタンが出たらしい!にこにこでおはなししてくれたよ!』
という日記は子供のことファイルにしまいます。
そして、それは家族の話の箱にしまっておく、という形です。
夫のことというファイルも同じですね。

大きな箱の方を『親カテゴリー』小さなファイルの方を『子カテゴリー』と言います。

⚠POINT!⚠

親カテゴリー > 子カテゴリー


『親カテゴリー』より小さい分類が、『子カテゴリー』です。
だから、『親カテゴリーが子供の話』で『子カテゴリーが家族の話』といった設定の仕方はできません。

、、、できないわけじゃないんですが、Googleのロボットに『ここは整理されていないサイトだ』、と認識されて検索順位下げられてもイヤなので、やめましょう。

タグはたくさんつけてもいい?

SNSに慣れているとタグはたくさんつけたくなりますね。
でもブログではやめておきましょう。

タグはひとつの記事にたくさんつけられます。
でも、たくさんつけると、ひとつの記事に盛り込んであるキーワードが多くなります。

Googleさんが記事を見て、検索にひっかかるように判断してくれるんですが、
キーワードがたくさんになると、どうやら【雑多な記事】【特別なキーワードのない記事】と、判断されるようで、検索の順位がさがるらしいのです。

[char no="8" char="もこ?"]らしい、ってどういうこと?[/char]

Googleのロボットが巡回していて、サイトを確認しています。
人間が目で確認しているわけじゃないから、どういう基準で見ているのかはよくわかりません。
あくまでも、さがるらしい、というブロガーさんたちの体感です。
逆に拡散力が減ってしまう可能性があるので集客したいならやらないに越したことはありません。

タグはひとつの記事に1~3個にとどめておくのがいいでしょう。

私の場合は、カテゴリーでざっくりと分けて、タグで細かく分けるようにしています。

カテゴリーは、まんなかの線から右に『きりん』、左に『あひる』です。
タグは、『きいろ』とつけています。
『あひる』のカテゴリーを『きいろ』というタグで細かく分けています。

また、『きいろ』は『きりん』カテゴリーの中にもありますので、そちらも『きいろ』のタグをつけています。

これが私の分け方です。

まとめ

いろいろ調べてみた結果、
どちらも分類のためにつけているものであり、どちらも便利です。

使いこなして、記事をわかりやすく整理しておくと、見ている方に対してとても親切なサイト作りになります。
基本は『ざっくりカテゴリー』『細かくタグ』としておくのが良いでしょう。
無難にいくなら、『タグ=記事のキーワード』がベストです。

ですが、タグに関しては、可能性は無限大なので、使い方は個人で工夫をしてもおもしろいのではないかと思います。

では。

[cc id=820]

-ブログの作り方
-

Copyright© アイコン屋さんのブログ講座 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.